この日のホワイトハウス関係者の発言は、このような迅速な配備方針とは異なる気流と言える。

 米ホワイトハウス関係者が16日、THAAD(高高度防衛ミサイル)の配備・運用と関連して「(韓国の)次期大統領が決定する事案」と明らかにし、波紋が予想される。 ホワイトハウス記者団によると、ホワイトハウスのある外交補佐官は同日、訪韓したマイク・ペンス米副大統領の専用機に同乗した記者団に、THAAD配備完了及び運用時点について「進行中にある。

アメリカは決断できない韓国の態度に、最終通達だろう。韓国に国際問題を処理する能力は無い韓国は、本当に分かってないね。アメリカまで怒らせたら大変でしょ。
情勢がまだ流動的ではあるが、段階的な勝利を収めたと認識しよう。 ↑                  中国試されてんだよ、そんなことも分かんないのかよ導入を先送りすると、これ幸いと米軍撤退だな。これで中国が態度を軟化するのか?と言われたらまー可能性は薄いな
対北は最終局面だから、今更配備とかもう関係なくなったって事では?アメリカは、韓国を捨てるシナリオも考えなければ、対応出来ない。次期大統領は何と言うでしょう? 楽しみです。