訴訟の判決は、司法が地方自治とどう向き合うかを問う試金石となる。

 沖縄県が国の是正の指示に従わなかったことが違法な「不作為」であったかどうかを巡り、19日に福岡高裁那覇支部で行われた翁長雄志知事の本人尋問では米軍普天間飛行場移設問題に関する県と国の実質的協議の有無について焦点が当てられた。

集会に県外の左翼が大結集。沖縄は左翼に利用された。普天間固定化でいいじゃないの、そんなに移設が嫌なら!補修改装にまた600億程かけるんだしね、永遠に普天間だね!
米軍普天間飛行場移設問題! ↑琉球新報は新基地と書けなくなった?Made in China国の安全が地方自治に優先するとかんがえる。憲法の範囲外の問題ではないか。政府がそんなに沖縄を苦しめているか。
中国が日本海で軍事演習をやったのに、そんな呑気な事を言っていて大丈夫?県が違法行為をしていると国は主張している。地方自治のためなら違法行為も許されると県やこの新聞は主張している。話し合える訳がない。
沖縄県民は、目の前の中国軍侵略が見えないの?法的にいい悪いじゃなくて、現実に中国軍が攻めてきてるのに、盾とすべき米軍基地排除って、やばくないの?2次大戦の過去の悲惨さは忘れないのに、明日の危険に目をつぶるのは絶対におかしい。中国軍には日本の法律は関係ない。国の存亡と地方自治とどっちが大切?国防を地方自治という立場で妨害する方がおかしい